通信講座

フォーサイト宅建講座の全額返金保証制度をおすすめしない3つの理由

フォーサイト宅建講座の「全額返金保証制度」が気になります。試験に落ちたときにお金が返ってくるから安心って聞いたけど、実際のところどうなの?

こんな悩みに答える記事です。

宅建の通信講座大手「フォーサイト」には、一定の条件を満たせば、試験に不合格だった場合に受講料が返ってくる「全額返金保証」という制度があります。しかし、結論からいうとあまりおすすめできません。

この記事では、受験生のころにフォーサイトを含むさまざまな通信講座を比較した経験をもつぼくが、フォーサイトの全額返金保証がおすすめできない3つの理由をお話しします。また他に検討すべき通信講座も紹介していきます。

最後まで読めば、あなたにあう通信講座がよく分かり、今日から勉強を始められるようになりますよ。ぜひ最後までおつき合いくださいませ。

本記事の執筆者

フォーサイトの全額返金保証制度とは

フォーサイトには、一定の条件を満たせば、試験に不合格だった場合に受講料が全額戻ってくる「全額返金保証」という制度が用意されています。返金されるにはいくつかの条件がありまして、まとめると以下です。

  1. 「バリューセット3」を申しこんでいること
  2. すべての確認テストで100点を取ること
  3. 模試(学力テスト)で受験者の上位34%に入ること
  4. 本試験前後に必要書類を提出すること
  5. 試験後に教材を返送すること

ポイントは2と3です。ここだけもう少しくわしく解説します。

2:すべての確認テストで100点を取ること

全額返金を受けるには、eラーニング上で行われる確認テスト(小テストのようなもの)で、すべて100点を取らなければいけません。基礎知識が定着していないといけないということです。

ただし何度でもやり直せますので、繰り返し解けばこの条件はクリアできるでしょう。

3:模試(学力テスト)で受験者の上位34%に入ること

本番の3週間前から2週間前までの間に模試を受け、受験生の中で上位34%以内に入らないといけません。模試は1回しか受けられないので、ここで失敗するとお金は1円も返ってきません。

以上が「全額返金保証」の概要です。くわしくはフォーサイトのYouTubeチャンネルで解説動画が上がっているので、こちらも参考にしてください。

全額返金保証をおすすめできない理由

ということで本題です。ぼくは全額返金保証はおすすめしません。その理由は以下3つです。

  1. 適用条件が厳しいから
  2. 受講料が高いから
  3. お金が返ってきても、落ちたら意味がないから

それぞれの内容をくわしく解説していきます。

1:適用条件が厳しいから

1つ目の理由は全額返金が適用される条件が厳しいからです。前章でお話しした適用条件を再掲します。

  1. 「バリューセット3」を申しこんでいること
  2. すべての確認テストで100点を取ること
  3. 模試(学力テスト)で受験者の上位34%に入ること
  4. 本試験前後に必要書類を提出すること
  5. 試験後に教材を返送すること

特に2と3が厳しい。確認テストで全部100点が取れるまでには相当勉強しないといけないし、模試では受験生の上位34%に入らないといけません。学校のように40人のクラスに例えると、上から14人以内です。

どう感じましたか?2や3をきちんとクリアできる受験生なら、そもそも本番で落ちる可能性は低いと思いませんか?本番で落ちる可能性が低いなら、不合格時の保証って不要じゃない・・・?と感じるのはぼくだけではないはずです。

2:受講料が高いから

2つ目の理由は受講料の高さ。全額返金保証が適用される「バリューセット3」は、約8万円ほどのお値段です。

正直、通信講座の中ではかなり高い。たとえば通信講座大手のスタディングの宅建士講座は19,800円(2021年11月時点)。フォーサイトが4倍も高いのです。

かげつ

「予備校通いよりも安い」というのが通信講座を選ぶ大きな理由ですから、正直いって8万円は高すぎると感じます。

3:お金が返ってきても、落ちたら意味がないから

3つ目の理由はお金が返ってきても、落ちてしまったら意味がないからです。

よく考えてほしいのですが、あなたは落ちたときにお金が返ってくる安心感がほしくて通信講座で勉強しているのですか?

そんな人、いませんよね。もちろん合格するために勉強しているはずです。それなら、落ちたときにお金が返ってくる仕組み自体が不要だとは思いませんか?8万円が返ってこようが、宅建に受からなければ全く意味がありません。

しかも教材は全部返却しないと返金されませんから、勉強を続けようと思ったらまた別の予備校や通信講座に課金しないといけないのです。これでは何をやっているのか分かりませんね。

◆◆

以上が、ぼくがフォーサイトの全額返金保証をおすすめしない理由です。実際、ぼくも受験生のころ、いろいろな通信講座を比較検討しましたが、上記の理由から「全額返金保証はナシだな…」という結論に至りましたし、それで間違っていなかったと思っています。

じゃあ、どこで勉強すればいいの?という疑問がわいてきますよね。次章でお話ししていきます。

全額返金保証を検討していた人におすすめの通信講座3つ

全額返金保証はおすすめできません。ということで、以下3つの通信講座から比較検討しましょう。

1:スタディング

まずおすすめするのはスタディング。理由は品質が高いのに値段が安いからです。スマホでYouTubeを見る感覚でダラダラ勉強できるので、勉強は嫌いだけどYouTubeを見るのが大好きなあなたにおすすめです。

かげつ

実際、市販テキストや大手予備校で勉強しても合格できなかったぼくも、スタディングに切り替えたら勉強が続けられ、無事に受かりました。

合格までの道のりは以下記事で紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください。

業界最安の19,800円!

スタディングを無料で体験する

2:アガルート

次におすすめするのはアガルート 。アガルートには、合格すると全額返金されるコースがあります。

どう考えても、落ちたときに全額返金されるより、受かって全額返金されるほうが良いですよね。2021年現在、実質無料で勉強できる通信講座はアガルートだけです。究極に費用を押さえて受かりたい人は、アガルートで勉強しましょう。

衝撃の全額返金制度!タダで受かる

アガルートを無料で体験する

3:フォーサイト(バリューセット2)

最後におすすめするのはフォーサイトです。「は?」と思った人もいるかもですが、ぼくはあくまで「全額返金保証」という制度をおすすめしないだけで、フォーサイト自体は優良な通信講座だと評価しています。

とくに教材のデザインや講義の分かりやすさは通信講座の中でもナンバーワンかと。この記事を読んでいる人には「フォーサイトなら信じられそう」と思っている人が多いでしょう。

フォーサイトを信じているなら、返金保証なんてつけずに通常のコースを受講しましょう。

直前の答練対策までそろったバリューセット2がおすすめです。受講料の20%がハローワークから支給される「教育訓練給付」の対象にもなっている講座なのでお得ですよ。

合格率65.9%!受かりたいならコレ

フォーサイトを無料で体験する

例外:全額返金保証がおすすめできる人

例外的に、全額返金保証がおすすめできる人もいます。それは、勤めている会社から補助がでる人です。

会社によっては、社員が資格試験に合格したら、教材費や受験料を補助する制度があります。勤務先にこのような制度がある人は、全額返金保証コースを申しこんでも良いでしょう。

というのも、上記のような制度が会社にあれば、

・落ちる→全額返金保証でお金が返ってくる
・受かる→会社から補助される

という感じで、落ちても受かっても自分はお金を払わなくていいからです。

ただし、「失敗してもお金が戻ってくるから、がんばらなくていいや」という気持ちになってしまう可能性も高いので、よく検討して決めましょう。

まとめ

記事のポイントを整理します。

  • フォーサイトの全額返金保証はおすすめしない。理由は「適用条件が厳しい」「受講料が高い」「お金が返ってきても、落ちたら意味がない」の3つ
  • YouTubeを見るのが好きな人ならスタディングで勉強しよう
  • 0円で合格したいならアガルートで勉強しよう
  • フォーサイトが信頼できそうと感じるなら、返金保証をつけずにバリューセット2で勉強しよう
  • 勤務先に教材費の補助制度があるなら、全額返金保証(バリューセット3)で勉強するのもあり

疑問が晴れたら、あとは行動あるのみです。通信講座は会社ごとにテキストや講義の雰囲気が違うので、まずは無料体験講座を受けて見比べてみましょう。

無料体験講座を受けよう

今回は以上です。

ライバルに知られたくない有益情報

 

さいごに1つだけ、ライバルに知られたくない有益情報をお伝えします!通信講座専門の予備校「クレアール」が発行している本で『非常識合格法』というものがあります。

 

『非常識合格法』では、宅建士試験に効率よく受かるポイントが網羅されています。

 

ほかの通信講座で勉強していたぼくも、読んでみたら「目からうろこな情報」ばかりでした。実際、この本の勉強法を実践した結果、模試では13点だった「宅建業法」が本番で19点まで伸びました!

 

『非常識合格法』は定価1,600円で販売されてますが、毎月先着100名限定で無料でもらえます。クレアールに資料請求すると数日で送られてきます。

 

しつこい勧誘もないので、受験生は絶対に申しこんでおきましょう。

 

毎月先着100名限定!無料でもらえる

非常識合格法を無料で申しこむ

 

資料請求の際は、入力フォームの「宅建士試験非常識合格法書籍」にチェックをいれましょう。(忘れると書籍がもらえません…泣)

資料請求フォームでは、必ず「非常識合格法書籍」にチェックを入れましょう。

-通信講座